束子ダイナミック

ゲームを遊んだりゲームに遊ばれたりしている

PS4の「Play at Home」で無料配信されてるゲームを全部遊んでみる【その3】

 「Play at Home」で無料配信されてるゲームを全部遊んでみようという連続記事、その3です。その1とその2はこちらから。

towersea255.hatenablog.com

towersea255.hatenablog.com

 一挙配信された9タイトルをどの順番でやるかはあまり気にしていなかったんですが、今回は豊作。締めにふさわしい大物が残ってました。

癒やしの海洋探索アドベンチャー『ABZÛ』

f:id:TowerSea255:20210420211801j:plain

  • プレイ範囲:4つめのエリアに入ったところまで
  • プレイ時間:1時間半くらい

 謎めいた海と海中遺跡を探索しながら進んでいくアドベンチャー。ここが地球かは分からないし主人公も人間ではなさそうなのだが、登場するのは地球に実在する魚たちである。

 とにかく画面が美しい! 水族館の水槽に入ったみたいなゲーム。海が美しいゲームって3Dマリオを筆頭にいくらでもあるけど、大抵あるじゃないですか、息の心配が。このゲームはそれがないので、息苦しさ抜きで純粋に海の美しさを味わえます。

f:id:TowerSea255:20210420212054j:plain

見てください、これ全部魚

 ゲームとしては簡単な仕掛けを探して作動させて進む程度だが、圧倒的な画面密度のおかげで全く退屈なことはない。水族館で水槽見るだけでも飽きないのと同じか。途中で気付いたが、進行と関係なくても見える範囲には割と行くことができ、そこにも色々置いてあったりする探索要素があるので、サッサと進んでしまうよりも魚と戯れながらゆったり遊ぶのがよさそう。

f:id:TowerSea255:20210420211943j:plain

 あとメガネモチノウオに掴まって泳げるのが嬉しいね! メガネモチノウオは別名ナポレオンフィッシュともいわれ、リーゼントのように膨らんだ頭部が特徴の魚。そのインパクトのある姿と色、大きさで色んなゲームで釣れたりするけど、一緒に泳げるのはあんまないんじゃないかな。一番好きな魚です。

 これなら元気がなくても遊べそうなので、仕事で疲れきったかわいそうなゲーマーにも優しい。

ネズミの少女剣士の冒険『Moss』

f:id:TowerSea255:20210420212215j:plain

  • プレイ範囲:古戦場らしき場所に到着
  • プレイ時間:40分くらい
  • VR酔い:そこそこ

 絵本のような世界を冒険するVRアクションアドベンチャー。主人公は小さなネズミのクイルちゃん。プレイヤーはそれを助ける「大きいヤツ」だ。

 その2で紹介した『ASTRO BOT』と同じような箱庭の中のキャラを操作して進んでくアクションだが、こちらはカメラが定点でフェードを挟んで移動する形なので多少酔いにくい。この2作品に共通するVRでちっちゃい生物を操作して眺めることの良さ」は、体験してみないと分かりにくいと思うが結構それだけで良さなのだ

 グラフィックは柔らかくも幻想的な雰囲気があって上々。街の雰囲気が『聖剣伝説Legend of Mana』っぽかったりと懐かしい気持ちになる。

f:id:TowerSea255:20210420212308j:plain

 本を読むという導入、ナレーションによる物語進行、プレイヤーと主人公の関係性など、VRを活かしたお話の見せ方は丁寧。反面、テキストは翻訳の関係なのか元からなのか、ん?となるところがちらほらでやや癖があるかもしれない。

衝撃と発見に満ちたVRワールド『Paper Beast

f:id:TowerSea255:20210420211312j:plain

一体何を見せられているんだ?
  • プレイ範囲:気球で飛んでったところまで
  • プレイ時間:1時間半
  • VR酔い:そんなでもない

 ここまでの9タイトルの中で最も度肝を抜かれたのがこれ。ジャンルはアドベンチャーになると思うけど、手を変え品を変えこちらを揺さぶってくる演出の凝りようはインタラクティブムービーに勝るとも劣らない。VR専用で、Moveコン二本持ちにも対応。

 情報を与えるのではなく、プレイヤーが「気付く」ことに特化した演出とゲーム進行が特徴的。このゲームに言葉はほとんど無く、たまに出てくる言葉はわざと理解を拒絶してるようなものばかり。それでも自分が何をすればいいかはなんとなく分かるようになっている。ゲームが言わんとしていることを読み取っていく過程が楽しくて、いったいこの先に何があるのかと前のめりになってしまう。

f:id:TowerSea255:20210420211540j:plain

 これって一見VRでやる必要はなさそうだけど、VRだからこそ、些細な違和感に警戒したり、相手のちょっとした仕草から感情を読み取ったり共感したりできるという人間の習性を上手く利用してるように思う。こういうVRの使い方もあるのか……。

 気に入ったので早口になってしまった。これはPSVR所持者は是非やっておくべきかと(できれば事前情報を入れずに)。自分もクリアまでやろうと思います。


 いやー、やっぱりゲームは遊んでみないと分からない。こういうことでもしなければ遊ばなかったであろう中にも良いゲームを見つけられたので、非常に満足。

www.playstation.com

 ここまで紹介したタイトルの無料配布期間は4/23(金)正午まで。期間内にDLすれば期間後も遊べるようなので、とりあえず全部貰っといて、気になったのがあれば遊んでみるといいんじゃないでしょうか。

 10タイトルめの『Horizon Zero Dawn Complete Edition』も今日から配布開始された模様。タイトルに全部と付けてしまったので、この記事も「その4・Horizon Zero Dawn編」に続きます……。

(5/13追記)その4を更新しました。

towersea255.hatenablog.com